プロがいる

一般社団法人設立の手続きを代行してくれるプロがいる

一般社団法人の設立の手続きは時間と手間がかかり初めての人は非常に苦労する作業です。また細かい作業内容になっているためミス等が起こる可能性もあります。では初めての人が一般社団法人設立の手続きを効率的にかつ早く終了させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

一般社団法人の設立の手続きの内容は、定款を作成しその定款を認証してもらったら登記申請を行います。その申請が終了したら手続き完了になります。具体的に言うと、定款とは設立するための企業の名前、企業の所在地、事業の目的、事業年度、公告の方法、監事や理事そして代表理事の名前・住所などを記載するための書類となっています。この定款を完成させないと次の段階へは進めないのですが、この段階に非常に手間がかかります。

自分ひとりでこれらの書類を集めるためは、時間と労力を使います。かつ丁寧に行わないとミスなどの不備が出てきてしまいます。そうなれば当然認証されません。さらに設立した後融資を受けようかと検討している方は、物凄く丁寧に作成しなければなりません。定款の内容を怠っていると融資が受けられない上に、融資の申請を一度失敗してしまうと二度と申請ができなくなります。

こういったことが起きる可能性は否定できませんので、初めてで多くの方は、行政書士や税理士事務所または一般社団法人設立用書類作成代行センターなどの専門の業者に依頼をしています。こういった専門のところであれば活動する人たちはプロですので、早くそして安全に終えることができます。ですので依頼側は自分の労力を使うことなくかつ安心できます。また、税理士事務所の中にはチェックリストという定款に必要なチェック項目が載っている書類があり、それを利用して定款を作成するところもあります。

ですが注意点があり、専門業者に全て任せるとはいえ内容の確認などで業者の方から依頼者側に電話等で連絡が入る場合がありますので、そういった対応はできるようにしておいてください。依頼するのは費用的に難しいという方は書類代行センターのようなところで無料相談を行っているところがあるので、そちらを利用するのも一つの方法です。また定款を作成した際、公証役場で認証してもらうことになっていますがその公証人に定款の内容に不備等が無いかチェックしてもらうことができます。そして何も問題が無ければそのまま公証人を通して認証の手続きができます。

最後に、自分で一般社団法人の設立の手続きを行うのではなく可能ならば税理士事務所などのようなプロに任せれば早くそして安全ですのでそちらをお薦めします。また費用面で難しい方は無料相談や公証人が直接チェックしてくれるシステムを利用することをお薦めします。